メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

慈恩塔

紹介

慈恩塔は蒋介石が母親の王太夫人を記念し1971年4月に建てられました。海抜954メートルの沙巴蘭山(二龍山)山頂にあり、塔の高さは46メートル、塔頂の高度はちょうど1000メートルになります。外観は中国宝塔式の、九層から構成されており、上階からは日月潭を一望することがで、日月潭の周辺でもっとも眺めのよいスポットです。

慈恩塔の前には蒋元総統の別荘があります。慈恩塔建築中に蒋元総統自らが設計しました。二層の「歇山屋頂式」(反り返った屋根が層を成している)の屋根がとても美しく、設計図に蒋介石が最後に目を通して工事にかかったといわれるほど凝ったものです。1971年1月初めに竣工し、慈恩塔より数ヶ月前に完成しました。完成後、蒋介石はこの地を気に入って、たびたび訪れたといいます。

沙巴蘭山下方の湖畔には、かつて小さな黒い人が住んでいたといます。サオの祖先が日月潭にきてしばらくは、そうした小人たちといっしょに仲良く暮していたが、小人たちは、サオの人たちに、決して自分たちの部落を訪れてはいけない、もし事前に何の知らせもなく来たら、災難が起こるだろうと警告してきました。

しかしあるとき、サオの人が急ぎの用事でうっかり連絡しないまま小人の部落に入ってしまいました。すると小人たちはびっくり仰天して、急いで木臼に座りましたが、数人がはずみで木臼の上から落ちてしまい、尾っぽが切れてしまいました。小人の頭目はこのことにたいへん怒り、サオの人たちを追っ払って、二度と来るなと悪態をつきました。

そう、小人たちは、尾っぽがあることを秘密にしていたため、突然人が訪ねてくることを怖がっていたのでした。人が来るときには、あらかじめ木臼の上に坐って、尾を臼の中に隠すようにしていたのです。こうしてサオは小人たちの秘密を暴いてしまうこととなり、以来、両者の往来を絶えてしまったという話です。

【慈恩塔步道】
台21甲線道から慈恩塔に続く森の小道、全長0.7キロ。沿路は樹木が生い茂り、動・植物の生態も豊富。春から初夏にかけて夜間、ホタルウォッチングや星空観察の人気スポットとなっています。 

観光スポット情報

営業時間: 09:00 - 16:30

電話: +886-49-2855668

アドレス: 台湾南投県魚池郷環潭公路

施設

  • 駐車場
  • トレイル

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

その他のアクセス情報

国道1号→中清IC→中彰快速道路→台14線→台21線→魚池→慈恩塔
国道3号→名間IC→台16線→水里→台21線→魚池→慈恩塔

Instagram
@sunmoonlaketw

更新しました:2019-10-25

Top 再發現。動感日月潭!