メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

廣興紙寮

紹介

1965年創立の「廣興製紙加工所」。ここは埔里の手すき製紙業に打ち込み、代理生産をメインとしていました。1973年にピークを迎え、同年には「廣興造紙廠」と改名しました。その後、社会の変遷と産業構造の変化に伴い、廣興紙寮は一新されました。もとの古い建物の歴史的、文化的な空間としての美しさをもつほか、紙の応用研究開発室も新設されました。埔里手工紙文化館、造紙植物生態区、台湾造紙職人区、手工紙体験教室、台湾手すき紙店および蔡倫紙飲食展示販売コーナーなどがあり、複合施設となっています。ここでは伝統的な手すき紙工芸産業の文化を保存しています。

観光スポット情報

営業時間: 毎日09:00-17:00

電話: +886-49-2913037

アドレス: 台湾南投県埔里鎮鐵山里鐵山路310号

関連リンク: 公式サイト

旅行のヒント

ツアーの前に予約を入れて、ナレーターがプロセス全体を説明できるように手配してください 大型車・小型車専用駐車場 20人以上のグループまたは興味のある個人はパンフレットを要求することを歓迎します

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

更新しました:2020-09-29

Top 再發現。動感日月潭!