観光スポット

台湾特有生物研究保育センター

集集地区には、生物の宝庫になっている台湾特有生物研究保育センターがあります。

台湾本土の生態教育を推進するために、保育センターには静態展示の「保育教育館」があり、台湾の生態系を詳しく紹介し、特有の動植物と環境保育問題などの展示も行っています。また、不定期にさまざまなテーマの展覧会を開催しています。教育館には解説員がおり、人々が保育概念をより理解できるよう、分かりやすく解説してくれます。

保育教育館の外には、一面に植物が植えられた生態教育園区とチョウ生態園があります。生態教育園区は、鳥類と昆虫が生息し続けられるよう、工夫を凝らし森林に近い環境を作り出しています。また園区内には、水生植物生態池も設けられており、あずまやで休憩しながら池に集まるマガモの群れがのんびりしている様子を眺めていると、まるで林の中にいるかのような気分になります。ここは、知的学習のほかに心と体をリラックスさせることができる場所と言えるでしょう。

チョウ園の中に入っていくと、さまざまな色のチョウがひらひら舞う様子を思う存分楽しむことができます。運が良ければ、チョウが体にとまってくれるかもしれませんよ。

また、保育センターには野生生物救急ステーションも設けられており、民国89年(西暦2000年)以来すでに3000匹を超える野生動物を救助しており、教育園区の中には現在療養中の猛禽もいます。生態歩道を一周すると、間近で普段なかなか見られない珍しい鳥類にあいさつができるかもしれませんね。

Google 地図
最終更新日:2018-10-22
Facebookユーザーのメッセージ
観光情報
  • 経緯度:
  • 120.80122007942168, 23.828355355254704
  • 電  話:
  • 886-49-2761331
  • 営業時間:
  • 24H
旅のテーマ
関連情報