産業文化

地域の産業を活かして…

紅茶 魚池はインドアッサムと 緯度や環境が似ることから、 日本時代にアッサム茶の生 産が始まり、台茶 7 号・台 茶8 号・台茶 18 号 ( 台湾紅 玉) といった特色と風味のあ る品種が開発された。

林業 車埕はかつての木材集荷 場だった。振昌木業では工 場を「木業展示館」にリニ ューワルして公開している。 原木を保管していた貯木池 は生態池となり、林班道商 店街では木製品を販売して いるほか、DIY コーナーを設 けている。そして観光テ― マのスポットになっている

陶窯 魚池・集集・水里は良質 の陶土を産することから、 陶業が盛んだった。現在、 水里蛇窯・集集十三目仔窯 ・添興窯・渋水窯・親手窯は、 観光陶芸園と生まれ変わり、 展示室や体験コーナーを設 けている。.

日月潭の紅茶
車埕木工 DIY
親手窯

農業 埔里盆地は気候や水源に 恵まれ、野菜や花卉の栽培が 盛ん。中でもマコモ・シイ タケ・パッションフルーツ・ バラ・蘭は、産量・品質と もに台湾で一、二を争う。

手工芸 フクロウはサオにとって 吉祥の動物。日月潭ではフ クロウをイメージした多く の手工芸品が見うれる。ブ ヌン伝統の籐の籠や織物、 さらに濁水渓の天然素材を 利用した石彫・木彫に人気 がある。

シイタケ
造紙龍手創館