日月潭について

日月潭国家風景区には環潭・水里渓・埔里・濁水渓・集集の 5 大レジャーエリアが含まれ、その周辺には桃米・車埕・集集・水社大山・双龍瀑布(滝)・明潭水庫(貯水池)、水里渓などの観光スポットが広がっています。

 

日月潭は、拉魯(ラルー)島を境に東西の両側が「太陽」と「三日月」の形に似ていることからその名が付いたと言われています。百年もの間、台湾八景のひとつとして名声を誇っており、また台湾で最も名高い重要な水力発電の地でもあります。風景区には「高山湖」、「原住民文化」、「自然生態系」などの観光レジャーの特色があることから、毎年 600 万人を超える国内外の観光客を誘引しています。

日月潭は、拉魯(ラルー)島を境に東西の両側が「太陽」と「三日月」の形に似ていることからその名が付いたと言われています。

日月潭は台湾で唯一、水・陸・空 (3D) のすべての魅力を満喫できる行楽地であり、環潭公路は、米国ケーブルニュースネットワーク (CNN) 傘下の旅行情報サイト「CNNGO」において、世界の美しいサイクリングロード・トップ 10 に選ばれました。日月潭には有名なラルー島、文武廟、慈恩塔、ラルー島、玄奘寺、向山、永結橋、同心橋、耶穌堂、梅荷園、九族文化村、蛇窯などの観光スポットがあり、日月潭の周囲の 14 本の遊歩道はとりわけ景色を楽しみながら活動するのにぴったりの場所です。また周辺には特色あるレジャーエリアがあり、鉄道を懐かしむ旅なら集集・車埕、故郷の旅には地利・双龍・地利、紅茶と陶芸の旅には鹿篙 ・渋水、自然生態系の旅には埔里・桃米・頭社活盆地など盛りだくさんです。

日月潭について