観光スポット

集集駅

集集駅は西暦1933年に建てられたヒノキ造りの古い駅です集集線の駅の中で最も有名な駅でもあり、集集エリアのランドマークになっています。かつての921地震で一度は倒壊してしまいましたが、その後再建され、もとの姿に復元されただけでなく、大勢の人々が訪れるようになりました。
初期の集集線は、主に発電所へ建築材料を輸送するために使われていましたが、その後地方が繁栄するにつれて、沿線住民の足となり、また農産物や木材など物資の輸送にも一役買うようになりました。さらに、古い鉄道の様子を十分に残したその姿が鉄道支線の経済価値を証明する生きた古跡ともなっており、また鉄道ファン達からも愛されています。

1994年より、鉄路局と役場が協力して観光地化計画が推進し、集集線の小型列車を改造して、観光ペイント列車を造りました。休日になると観光客が絶え間なく訪れ、集集に残るかつての懐かしい風景に思いを馳せています。また集集駅では、鉄道文化を体験したり、車窓からの美しい風景を眺められる以外にも、現地住民の「打断手骨顛倒勇(挫折をすればするほど強くなる、の意:台湾語)」という強靭な精神を感じることができます。

駅の斜め向かいには、退役した蒸気機関車が一台、集集線の小型列車が走る風景と歴史を見守るように置かれており、記念撮影スポットになっています。

Google 地図
最終更新日:2017-12-18
Facebookユーザーのメッセージ
観光情報
  • 経緯度:
  • 120.78488940890418, 23.826450109904567
  • 電  話:
  • 886-49-2762546
  • 営業時間:
  • 24H
関連情報