観光スポット

ラル島

ラル島は日月潭の中央に浮かぶ小島で、サオ族の聖地です。上陸はできませんが、島の周囲を囲んだ人工の浮島から観察することができます。

中華民国67年(西暦1978年)10月に、光華島(ラル島)に中国の西湖を真似て「月下老人亭」が建築されました。南投県政府は毎年、ここで水上集団結婚式を行っています。

中華民国88年(西暦1999年)「921大震災」後、南投県庁が邵族に敬意を表すため、光華島を正式に拉魯(Lalu)島と名づけました。台湾観光局日月潭国家風景区管理所がこの島を邵族の祖霊島と銘打ち、中華民国89年(西暦2000年)10月12日に、「千人植木、千人保護」のキャンペーンを行い、邵族の人の最も神聖な祖霊の居場所とされる場所に茄苳木を植えました。

Google 地図
最終更新日:2018-10-22
Facebookユーザーのメッセージ
観光情報
  • 経緯度:
  • 120.91133362334824, 23.85568049285646
  • 電  話:
  • 886-49-2855668
  • 営業時間:
  • 不開放
旅のテーマ
関連情報